FC2ブログ

脱フリーターを志し中!

フリーターという響きにスマートさが無くなって、単なる社会不適合者みたいな響きを持ち始めてからが、フリーターデビューをした私。
べつに、フリーターという生き方に憧れたわけでも、志があってフリーターにならざるをえなかったわけでもありません。
要は、就活にしくじったわけです。
自分的には真面目にコツコツとやっていたつもりなんだけど、結果的には全敗。
自分なことながら、驚きました。
でも、働く意欲はあったので、当座を食いつなぐためにとスタートしたフリーター生活。
そろそろ5本の指では数え切れないほどのフリーター歴を重ねてきたので、ここらで脱フリーターを目指そうと気合を入れました。
ただ、就活ってブランクが空くとなかなか勢いに乗れないみたいで。
まず、履歴書を書くことから躓いてます。
手書きのほうが誠意が伝わるなんて言われてたけど、もしかしてパソコンで作ってもいい時代なのかなあ。
もう、そこからがわからない。
ある意味、浦島太郎状態です。
で、気分転換をしようとフリーター就職サイトおすすめランキングなんていうのを覗いてみました。
自力で勤め先を見つけるなんて限界がありますから、こういうサイトを使うのが賢いのでしょうね。
フリーターになると、ハローワークの敷居も高くなるし。
どこがいいのかなあ、なんて思いながら口コミなどもチェック。
見てみると、ちょっと就活にも希望の光が見えてきました。
そこで、私が選んだのは3番目におすすめされていたサイトです。
なんで1番にしないかというと、こういうふうにランキングで1番になると利用者が殺到しちゃうんじゃないかなあという読み。
フリーター歴が長いと、闘争心みたいなのは失われてしまうので、本音は「競争率が少なくて、すんなりと決まるのが望ましい」なんですねえ。
この辺が、既にダメなんじゃないかとは気付いてはいますけども。
それでも、せっせと眺めつつ、どこか自分にできそうな仕事があるんじゃないかと検索。
ただねえ、難しいですね、これが。
いつも間に合わせ要員として使われてきたので、「あなたの力を貸してください」とか書いてあると怖気づいちゃうわけです。
情けないの一言。
でも、他にも同じようにもがいているフリーターたちは星の数ほどいるはず。
いや、星の数は大袈裟だけど、たくさんいるはずだから、頑張ろう。
親の「もしかして、就職するのか!?」的な視線も強く感じるし、是非とも乗り切りたい。
おかずの数が増えているのがプレッシャーです。

コメント

非公開コメント